なぜ給湯器が重要なのかを考える{君に教える秘密}

手入れの重要性

給湯器の寿命について

water heater

一戸建てなりマンションなりマイホームを持つことは人生の目標の1つです。大半の人が住宅ローンを組んでマイホームを購入しており、住宅ローン返済のために働いているといっても過言ではありません。しかしローンを完済するとそれで全て終わりというわけではなく、毎年の固定資産税の支払いも必要ですし家のリフォームも必要となってきます。特にリフォームは10年目を節目として大幅なリフォームが必要となるとされています。お風呂や洗面台などの水廻りの交換や壁の張り替えそして給湯器の交換も行われます。給湯器の寿命はおよそ10年と言われていますが、モノや使用状況によって異なります。しかし給湯器もモデルチェンジしていくので古い給湯器の部品は10年を経つとなくなっていることがあります。

普段からの手入れの重要性について

寿命ではなく10年が経過しないうちに具合が悪くなってくることもあります。例えば8年目に調子が悪くなった場合、新品のものに交換した方が良いのかあるいは部品交換など修理が可能であればそうした方が良いのか迷うところです。8年使ったものであれば寿命が来たとも考えられますが、給湯器本体を購入し設置工事をしてもらうと結構な額のお金が必要となります。なので可能であれば修理して継続して使用したいところです。しかし数年後に寿命により急に給湯器が故障することもありますので、業者に見積もりを依頼しておくことをお勧めします。今現在給湯器を置いているスペースに入る新製品があるのかどうかや発注からどれくらいで取り換え工事してもらえるのかといったことを確認しておきましょう。

Copyright © 2015 なぜ給湯器が重要なのかを考える{君に教える秘密} All Rights Reserved.