白髪染めとは、その名の通りに白髪を染める事を言います。
人間は年齢を重ねると、髪の毛を作り出す毛母細胞の活動が衰えてくることでしょう。
それに伴って、黒くなっていない白い髪の毛が生えてくるようになるのです。
この白髪になるという現象は個人差があり、比較的若い時から生えてくる人もいれば、かなり年配になってから生えてくる場合もあります。
また、生えてくる本数も人によってそれぞれで、一般的には白髪が目立つと、どうしても老けた印象を持たれる事が多いです。
そうしたことから、気になっていた白い毛を綺麗に染めて目立たなくしてくれる白髪を染める専用のヘアカラーが人気を呼んでいます。

一般的なヘアカラーは、専用の染料を白髪に塗って一定時間そのままにして、その後で綺麗に洗い流すという物です。
比較的綺麗に染まりますし、染まった状態が長持ちするというメリットがあるのがいいでしょう。
しかし、髪へのダメージもそれなりにあるので、染めた後は丁寧にケアをする事が大切です。
また、ヘアカラーと合わせてよく聞く種類に、トリートメントというケア剤があります。
こちらは簡単に言うとヘアマニキュアに分類されます。
ヘアマニキュアとは、髪の毛の表面に色を乗せる物で、髪の毛へのダメージは少ないです。
ただし、カラー剤と比べるとヘアマニキュアの方は色が落ちやすいという特徴があります。
これは一時的な髪色チェンジをしたいという時に役立ちますが、持続的に色を持たせたいならカラー剤がいいでしょう。
ですから、目的に応じて選ぶことが大切です。

白髪染めは、行なう時にいくつかのポイントを押さえておくと、その効果を更に引き出す事が出来ます。
大きなポイントとして、部屋の温度、放置時間でしょう。
一つ目の部屋の温度についてですが、こうした髪染めは気温が高い環境で行なうと染まりやすいという特徴があります。
メーカー側は、だいたい20~30度前後の環境で染める事を基本としています。
そのため、夏場は指定時間より早く染まりますし、冬場は部屋を暖めておいてから行なったほうが染まりが良くなります。
二つ目の放置時間については、髪質が深く関わっています。
人の髪の毛は特徴がバラバラです。
染まりやすい髪質、染まりにくい髪質というものが存在するので、まずは自分の髪質を把握してからやるといいでしょう。
もし染まりにく髪質の場合には、放置時間を指定よりも数分増やすとムラなく染まるようになります。

オススメリンク

白髪染めをするならこちらのサイトを参考に選ぼう!:人気の白髪染めを徹底検証!

見た目を若く保つ

白髪が生えていると、実年齢よりも老けて見られてしまいがちです。
また、まばらに白髪が生えていると不潔っぽい印象を与えてしま可能性がありますので、白髪を目立たなくさせる工夫をした方がよいでしょう。
手っ取り早いのは、帽子…Read more

必要な費用

白髪染めのためにかかる費用は、どのような方法で染めるのかによって大きく変わってきます。
一番高額の費用がかかるのは美容室で染めてもらう方法です。
美容室で使用されている薬剤は、市販品よりも格段に高品質ですので、髪の毛が…Read more

人気の化粧品

さて、昨今中高年の方々に非常に人気がある化粧品があります。
それは、ヘアカラートリートメントです。
最近ではテレビのコマーシャルでも積極的に放映されているためご存知の方も多いかもしれません。
簡単に説明するとこ…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー
カレンダー
2015年4月
« 12月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930